無料のJavaScriptリファレンス

無料ホームページ素材倉庫
サイトマップ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ネット副収入の錬金術の検索 Web サイト

JavaScriptのdateオブジェクト

dateオブジェクトの生成

書式用途IENN
var=new date();日付オブジェクトを生成。32
var=new date(yyyy,mm,dd);??
var=new date(yyyy,mm,dd,hh,mn,ss);
var=new date("Dec dd, yyyy hh:mn:ss");
var=new date("December dd, yyyy hh:mn:ss");
var=new date("yyyy/mm/dd hh:mn:ss");
var=new date("mm/dd/yyyy hh:mn:ss");
var=new date("yy/mm/dd hh:mn:ss");
var=new date("mm/dd/yy hh:mn:ss");
var=new date(yyyy,mm,dd,hh,mn,ss,msc);

情報の取得と設定

名前用途IENN
var.getFullYear()年の取得。44.06
var.setFullYear(year)年の設定。
var.getYear()年の取得。32
var.setYear(year)年の設定。
var.getMonth()月の取得。
var.setMonth(mon)月の設定。
var.getDate()日の取得。
var.setDate(date)日の設定。
var.getDay()日曜日を0として曜日に対応する値の取得。
var.getHours()時の取得。
var.setHours(hour)時の設定。
var.getMinutes()分の取得。
var.setMinutes(min)分の設定。
var.getSeconds()秒の取得。
var.setSeconds(sec)秒の設定。
var.getMilliseconds()ミリ秒の取得。44.06
var.setMilliseconds(msec)ミリ秒の設定。

▲get,setの後にUTCを入れると世界標準時となる。

名前用途IENN
var.getTimezoneOffset()時間帯情報を分単位で取得。32

文字列への変換

名前用途IENN
var.toString()現地時刻を表す文字列に変換。32
var.toLocaleString()
var.toGMTString()世界標準時刻を表す文字列に変換。
var.toUTCString()44.06
var.toVarDate()現地時刻を表す文字列に変換。4×

数値への変換

名前用途IENN
var.getTime()1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの秒数をミリ秒単位で取得。32
var.setTime(time)1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの秒数をミリ秒単位で設定。
Date.UTC(year,mon,day,hour,min,sec)指定した時刻の、1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの秒数をミリ秒単位で取得。
Date.parse(str)指定した時刻形式のstrの、1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの秒数をミリ秒単位で取得。

もくじへ▲このページのトップへ

グラフィック素材
HTMLとJavaScript素材
資料
おすすめランキング
HTML辞典
JavaScript辞典
便利情報
ホームページ運営講座
ホームページ用語集
リンク
Copyright©2004-2018 無料ホームページ素材倉庫 All rights reserved.
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO